皆様いかがお過ごしでしょうか。

 先日の3月18日(月)、深川市果樹協会主催で青年・女性の方を対象とした果樹せん定栽培講習会を、深川市内の東出ふぁーむにて開催しました。
 当日、空は晴れ渡り、気温も上昇して穏やかな天候の元、空知農業改良普及センター北空知支所 黒瀬主査を講師としてお招きし、せん定方法の実演等を行なってもらい、多くの参加者が熱心に見聞きしていました。さらに自身の手で実際に果樹のせん定を行う機会も用意し、参加者の皆様は講師のアドバイスを生かしてせん定を行いました。
 近年農業従事者の高齢化や、後継者不足が課題となっています。深川市の果樹生産農家の皆さんにおいても例外ではなく、重要な問題となっています。深川市果樹協会では、今後の市内果樹栽培の未来を担う青年の技術向上及びその継承や、冬場のせん定などにおいて女性農業者により一層活躍してもらうためこのような講習会を開催しています。
 青年・女性に限らず、実用的なせん定技術を後世に引き継いでいくために今後も様々な果樹のせん定講習会を開催する予定です。初心者の方も大歓迎ですので、ぜひ参加してみてください!
DSCN7347
今回も普及センターの黒瀬主査が講師としてお越しくださいました。
DSCN7352
快晴で、穏やかな気候の中講習会は進みました。
DSCN7362
実際にせん定を行う機会もありました。


 皆様いかがお過ごしでしょうか。
先日の2月25日(月)に空知果樹振興協議会主催の空知りんごせん定栽培講習会が開催され、深川市果樹協会はじめ、滝川果樹協会や砂川市果樹組合の多くの会員・組合員が参加しました。
 当日は空知農業改良普及センター北空知支所 黒瀬主査及び、同中空知支所の池田専門主任を講師としてお招きし、せん定方法の実演やせん定後の栽培技術について講演があり、参加者の皆さんは熱心に実演・講演を見聞きしていました。
 実演は深川市のはやし果樹園にて行なわれ、池田専門主任のせん定を見ながら、参加者同士で議論を行う等、活発な講習会となりました。講演は会場を音江公民館に移して行なわれ、黒瀬主査から平成30年の1年間での中北空知のりんごをとりまく気象の変化や、生育状況について説明があり、参加者は今年の果樹栽培に向けて課題と対策について考えていました。
 また講演の後、空知果樹振興協議会の総会も同会場で開催され、1年の活動の方針や今年七飯町にて開催される全国りんご研究大会北海道大会についても議論されました。
 当日は非常に良好な天候で、予想以上に多くの生産者が集まり非常に有意義な講習会となりました。いよいよ平成も残り二か月。平成最後の、そして新時代最初の1年のりんご栽培が深川で、中北空知で、スタートします!
DSCN7283
快晴の元、深川・滝川・砂川より多くの方にお越しいただきました
DSCN7297
普及センター中空知支所の池田専門主任がせん定の実演を行いました
DSCN7311
実演の後、普及センター北空知支所の黒瀬主査による講演が行われました

 皆様いかがお過ごしでしょうか。
 深川市の果樹の中でも、りんごと並んで多く生産されているものは桜桃、いわゆるさくらんぼです。さくらんぼに限らない話ですが、芽が出る前の冬場に枝を剪定することは重要な作業のひとつです。この冬場の作業もまた、夏のおいしいさくらんぼの生産につながっていきます。
 先日の2月8日(金)に深川市果樹協会ときたそらち果樹生産組合共催で深川市桜桃剪定講習会をはやし果樹園にて開催しました。本講習会は、昨年まで深川市で開催されていました全道桜桃剪定講習会の代わりに深川市内の桜桃生産者を対象にした講習会です。当日は数十年ぶりの寒波によって極寒の中の開催となってしまいましたが、市内から多くの生産者がお越しくださりました。
 講習会では、空知農業改良普及センター北空知支所の黒瀬主査を講師としてお招きし、枝の剪定の方法やコツについて実物の桜桃を用いて実演していただきました。参加者の皆様は黒瀬主査の実演を熱心に見ており、有意義な講習会となりました。
 まもなく冬の中でも一番寒い時期は終わりを迎えます。その後は徐々に春に向け気温が上がり始めます。インフルエンザ等もはやっていますが、寒い日々が終わるまでもうひと踏ん張りですので、皆様も体調にはお気をつけくださいね。

DSCN7249
普及センターの黒瀬主査が講師として説明してくださいました
DSCN7250
当日は大変寒い日でしたが多くの方にお越しいただきました
DSCN7277
講師の実演を皆さん熱心に見ております!

↑このページのトップヘ